植毛におけるメリットとデメリット

###Site Name###

抜け毛や薄毛がどうしても改善しない場合、薄毛治療の最終手段として自毛植毛があります。植毛とは、すでに薄毛になってしまった部分にまだ生えている自分の毛を、皮膚ごと採取して、毛がなくなった部分に移植する薄毛治療の一環です。



メリットとしては、もともと自分の皮膚や毛であるため拒否反応が少なく、一度植毛してそのまま定着してしまえば、ほかの髪と同じく普通にシャンプーするのも可能です。

また、育毛剤のように生えて欲しいとこに生えなくて、生えなくていい部分に毛が生えるということもなく自然な仕上がりになるのが特徴です。

そして、個人差はありますが、ミノキシジルやフィナステリドといった育毛成分に次いで、高い確率で頭皮に定着するため、薄毛改善に非常に効果があるとされています。
一方で、一回の施術で髪を移植する本数には限りがあり、範囲を広げければそれだけ施術の回数がかかります。

保険適用外であるため、1000~2000株を移植するのに70~120万ほど治療費にかかることがあります。
それ以外に、施術の際の副作用として傷跡が目立ったり、しばらく麻酔が残って顔がしびれたりつっぱたりすることがデメリットと言えるでしょう。



しかし、しっかり定着してしまえば、一旦は抜け落ちてしまいますが、また髪が生えてくるサイクルが戻ると、以前は全く生えてこなかったところに元のように毛が生えてくるので、薄毛が深刻な悩みである人にとっては非常に画期的な薄毛治療と言えるでしょう。